空気吸引による岩盤空隙容積評価 Estimation of the Pore Volume in Rock Mass by Air Vacuuming.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩盤の透気性分布から地下空洞周辺のゆるみ領域を判定する「真空透気試験」の測定データ, 特に試験中に吸引する空気の挙動を評価し, 岩盤中に連続して存在する空隙の容積を算定する手法を提案した. 原位置測定に先立ってボアホールと同径の鉄管内で事前試験を実施するが, このときの吸引空気流量から測定区間の容積が計算できる. 原位置測定で測定区間と連結する空隙があれば, 事前試験よりも吸引する空気が多くなるためにポンプ吸引開始直後の測定区間内圧力変化が鈍くなる. したがって事前試験と原位置測定の圧力変化を比較すれば岩盤内に存在し測定区間と連結する空隙容積が評価できる. 本論文では簡単な室内試験によってこの手法の妥当性を検証し, いくつかの原位置測定結果について計算を行い, 実岩盤の空隙分布の評価を試みた.

Method of estimating the pore volume in rock mass has been described. The pore volume is obtained by using the data of the "vacuum-permeability test" which is a method of detecting the loosened zone in rock mass from the air permeability distribution characteristics. To get the pore volume, the airflow rate and the pressure reduction in test section are analyzed during the field measurements and the calibration test executed within the highly sealed steel pipe. The reliability of this method has been confirmed by laboratory test, and some examples of field measurement have been shown.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 617, 225-234, 1999-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528490
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4696353
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ