地盤の一部を包み込む支持力補強方法に関する研究 Bearing Capacity Improvement by Wrapping a Part of Foundation.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地盤の一部を包み込む支持力補強方法の発想からはじめて, フーチングの支持力補強模型実験と鉛直盛土地盤の支持力補強模型実験により, その有効性を示す. さらに, 現場への適用例として, 鉄道枕木の「土のう」式支持力補強方法について述べる. 従来の「土のう」は土が水に流されないために包むという考え方であったが, ここでは土のような粒状体のダイレタンシー特性に着目して土を包み込むことの力学的意義を再考し,「土のう」自体をフーチングや杭のような荷重支持体とみるところが特徴である.

Based on the idea of wrapping a part of foundation like a soilbag, a new reinforcing method for bearing capacity is proposed. The validity of this method is illustrated by the results of the model footing tests and the model vertical embankment tests. Then, as an application example in the real engineering practice, a reinforcing method utilizing soilbags for the ballast foundation under the railway sleeper is stated and its validity is demonstrated by model tests. So far, the soilbag has been mainly used to prevent a flow of soils from water. In this study, however, the mechanical meaning of the soilbag is studied on the basis of the dilatancy characteristics of granular materials and it is found that the soilbag may be used as a load supporting body such as a footing or a pile.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 617, 235-249, 1999-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528501
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4696357
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ