異方圧密粘土に対する特性線場の理論 The Theory of Characteristic-line Field for Anisotropically Consolidated Clay.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

異方圧密された飽和粘土の平面ひずみ条件下での破壊時の応力場の検討を特性曲線法により行う. 応力誘導異方性を表わすことのできる関口と太田による弾塑性モデルを用いて平面ひずみ条件下における非排水せん断強度を求め, 有効応力で表された強度を破壊条件として特性線場の理論を展開する. 間隙水圧を陽な形で変数として偏微分方程式を解くことにより, 破壊時における場の間隙水圧, 全応力, 有効応力の分布を求める.

This paper describes the stress field of characteristic-line method for anisotropically consolidated saturated clays under plane strain condition at failure state. The undrained shear strength under plane strain condition is obtained from the elasto-plastic constitutive model proposed by Sekiguchi & Ohta which can represent the stress induced anisotropy, and thus obtained shear strength in terms of effective stresses is employed in the theory of characteristic-line field as failure conditions. By solving the partial differntial equations with the pore water pressure as an explicit variable, we obtain the distributions of total stress, effective stress and pore water pressure at the failure state.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 617, 251-260, 1999-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528522
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4696365
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ