礫質地盤における吸水型振動棒締固め工法の改良効果の検証事例 Verification of Improvement Effect of Vibrational Compaction Method with Absorbing Excess Pore Water Pressure at Gravelly Ground.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ケーソン式岸壁背面の裏込め土 (まさ土) の液状化対策を目的として, 吸水型振動棒締固め工法による地盤改良工事が実施された. 施工時の間隙水圧測定や吸水量測定, 砂の投入状況の観察等により本工法の改良メカニズムを再確認するとともに, 従来型振動棒締固め工法との改良効果の比較を行った. この結果, 従来型工法に比べて改良効果が顕著に向上し, 同一目標改良強度に対しては施工ピッチを大幅に拡大できることが確認され, 礫質地盤における改良効果, 経済性, 効率性の向上が実証された. さらに, 本工法で提案されている改良効果予測式が, 今回の施工箇所における礫質地盤に対しても実務的に適用できることが示された.

In-situ execution of soil improvement by vibrational compaction method with absorbing excess porewater pressure has been carried out for preventing the liquefaction of back-fill gravelly material (MASADO). The mechanism of ground improvement and the remarkable compaction effect of this method at gravelly soils were verified. The execution spacing became wider at the same target strength, this new method was cleared to be able to execute more economically and efficiently than the conventional one. Futher the accuracy of the suggested prediction method of improvement effect has been also confirmed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 617, 261-274, 1999-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528535
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4696369
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ