プレストレス導入による集成材の新接合方法に関する研究 A Study on New Joint System for Glulam Timber Beams by Prestressing.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 木材の特性をさらにグレードアップする有効な手段として開発された集成材は, 構造材料として急速に発展し海外ではもちろんのこと国内の実績としても土木における橋梁分野から大空間構造物 (ドーム) 等の建築に至るまで適用範囲が拡大し, 大規模化しつつある. 集成材を構造部材とした場合の基本的な問題点としては, 部材接合方法がある. 現状において集成材の接合方法としては, 鋼板を用いたボルト結合などいくつかの手法があるが, 接合面における大型荷重伝達, 耐久性, 施工性, 美観性, 経済性等, 総合的に各方法を評価すると必ずしも全てを満足していない場合がある. 本研究は, 集成材接合部の強度をプレストレス導入による摩擦接合により確保する新しい工法を提案し, 集成材の長尺化に対する適用可能性について検討するものである.

In recent years, the glulam timber beams, which upgraded the wooden characteristics, have been widespread in the world for the structures of civil and architectural constructions. In applying those materials to the large-sized structures, the new types of connections have been developed. In presence, there are few joint systems using steel plates and joint bolts. However, those systems are not always adequately satisfied with durability, construction performance, etc. Therefore, authors proposed the new joint system by prestressing. In this paper, several experimental and analytical studies on the effect of prestress of timber joint were conducted, and the feasibility of this system to apply for the large-sized structures were also discussed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 616, 91-102, 1999-03-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528723
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4694938
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ