東京湾岸地域におけるLNG地下式貯槽のスロッシング検討用地振動の評価 ASSESMENT OF EARTHQUAKE GROUND MOTION TO INVESTIGATE SLOSHING BEHAVIOR OF LNG UNDERGROUND STORAGE TANKS IN TOKYO BAY AREAS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東京湾岸地域に建設されるLNG地下式貯槽について, 高圧ガス保安法でスロッシング検討のために定めた過去の被害地震等に関する時刻歴応答解析を行った. また, この地域で想定される周期10秒までの周期成分を有する速度応答スペクトルを半経験的波形合成法で求め, 既往の設計基準と比較しスロッシング検討用の速度応答スペクトルを示した. さらに, 実貯槽の運転液位データを用いて提案する速度応答スペクトルと現行の高圧ガス保安法の入力地震動について, 安全性の相異を信頼性理論により検討した.<br>上記結果から, 東京湾岸地域のLNG地下式貯槽 (1次スロッシング周期8~10秒) に対するスロッシング検討用の入力地震動は, 速度応答スペクトル値で180cm/s (減衰定数0.5%) が一つの指標と考えられる.

This paper presents the evaluation of earthquake ground motion severity for the sloshing design of LNG inground storage tanks in the Tokyo Bay areas. A pseudo-velocity response spectrum for the sloshing design (for primary sloshing periods of 8-10 sec.)is proposed from the analysis of sloshing using earthquake ground motion records and artificial earthquake records generated by a semi-empirical method using small earthquakes recorded in the area. Safety level is examined in consideration of the variation of LNG level during the operation of the storage tank based on a reliability analysis. From these analyses, a uniform velocity response spectrum of 180cm/s can be proposed for the above period range as the recommended value for the sloshing design of LNG inground storage tanks in the Tokyo Bay areas.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 619, 75-90, 1999-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  56件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528934
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4713520
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ