張弦PC橋の終局耐力に関する研究 ULTIMATE STRENGTH OF PRESTRESSED CONCRETE BRIDGE WITH SUBTENDED STAY CABLES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 新形式のPC橋である張弦PC橋の終局耐力および破壊時の挙動を理論的および実験的に明らかにするものである. このための数値解析法としては, 幾何学的非線形性および材料的非線形性を考慮した骨組解析法を用いた. また, 同時に模型実験を行い, 解析結果と比較し解析手法の妥当性を検証することができた. 実験および解析により張弦PC橋は優れた耐荷力特性を有していることが分かり, 今後の中規模支間のPC橋の一構造形式として有効であると考えられる.

A prestressed concrete bridge with subtended stay cables has many advantages compared with an ordinary prestressed concrete bridge with external cables. But it also has some problems to be solved for practical use. The purpose of this study is to clarify the ultimate strength and behavior of this type of bridge theoretically and experimentally. Developed numerical method is based on FEM with beam-column elements, and is able to consider finite displacements and plasticity of materials. Also, the ultimate strength and behavior of this type of bridge were studied by big scale model tests. Results of the test have been compared with those of numerical analysis.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 619, 203-214, 1999-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529145
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4713625
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ