鋼I桁橋ウェブギャップ部の疲労試験と応力緩和による疲労寿命向上効果 FATIGUE TESTS OF WEB GAP DETAIL WITH SEMI CIRCULAR CUT OUT IN PLATE GIRDER BRIDGE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鋼I桁橋の主桁の上フランジと横桁に取付けられたウェブギャップ板に疲労損傷が生じている. これは, この板がコンクリート床版の回転変位に抵抗するために生じる. この板に半円孔を明けることで発生応力を緩和し, 疲労寿命を向上させることができる. ウェブギャップ部をモデル化した試験体の3点曲げ疲労試験を行ない, 半円孔を明けた場合の疲労挙動を実験的に明らかにした. また, 実橋モデルの有限要素解析を行なって, 実橋のウェブギャップ板の疲労寿命向上効果を明らかにした.

Web gap plates, connecting between upper flange of plate girder and its cross beam, were fatigue-cracked due to concrete slab deflection. Semi-circular cut-out in the plate is one of the retrofitting measure, since it decreases the stresses in the upper edge of the plate. Fatigue tests were carried out on the three kind of 3-points bending model specimens of web gap detail with or without the cut-out. Finite element analyses were also carried out on an actual plate girder bridge model with or without the cut-out, and then fatigue life was calculated on the basis of their results.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 619, 267-278, 1999-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529198
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4713697
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ