鋼道路橋の新荷重(B荷重)による鋼重増加の統計的分析 STATISTICAL ANALYSIS OF STEEL WEIGHT INCREASE FOR HIGHWAY STEEL BRIDGES DESIGNED BY NEW LIVE LOAD (B-LOAD)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

著者らは前に鋼道路橋の鋼重のデータを集積して分析を行い, また鋼重を偏差値として表わすことを提案した. またその中で, 平成6年に改定された新活荷重 (B荷重) を用いて試設計を行い鋼重増加の予測をした. ここでは新荷重によって設計された橋の実績の鋼重データを集めて分析し, これまでの橋との比較および先の予測の検証を行う. その結果, 単純鈑桁橋では偏差値が53.8となり, 先の合成桁橋の試設計で予測した偏差値53.1に極めて近い値となった. 単純箱桁橋と連続鈑桁橋に対しては, 鋼重増加はこれよりも少ないことがわかった.

The authors previously proposed the method to assess the design of steel highway bridges using the deviation of steel weight statistics. Further, they estimated the weight increase when designed using the new live load (B-Load). The present paper collects the data of steel weight for the bridges designed using B-Load and analyzes statistically. As a consequence, the deviation for simple supported plate girder bridges becomes 53.8 which is very close to the predicted deviation 53.1. The weight increase for simple supported box-girder and continuously supported plate girder bridges are small, and the deviations are 51.5 and 50.5, respectively.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 619, 299-303, 1999-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529251
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4713737
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ