河川流域地形の新しい数理表現形式 A NEW NUMERICAL REPRESENTATION FORM OF BASIN TOPOGRAPHY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グリッド型DEM上で流れのモデルを構築する場合, 各格子点の最急勾配方向に雨水を流下させる方法がしばしば利用されてきた. しかし, こうした方法には, 発散地形が雨水流出過程に与える影響を表現できないという問題点がある. そこで本研究では, グリッド型DEMにおいて, 斜面上の雨水が流集する過程だけではなく, 発散する過程をも表現できる新しい河川流域地形の数理表現手法を提案する. 本手法を滋賀県大戸川流域に適用して, 峰や尾根といった発散地形をより適切に表現できることを示した.

When a rainfall-runoff model is developed on a grid-based DEM (Digital Elevation Model), it is often assumed that water flows in the steepest descent direction at each grid point. However, this assumption cannot consider the effect of divergent topography on runoff process. This paper proposes the new numerical representation method of basin topography which can represent both concentration and divergence of water flow using a grid-based DEM. This new method is applied to the Daidogawa River basin in Shiga Prefecture, Japan, and the results shows that this method makes reasonable representation of divergent topography such as peaks and ridges.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 621, 1-9, 1999-05-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529409
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747871
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ