河岸侵食を伴う河道変動の特性とその数値解析法に関する研究 CHARACTERISTICS OF RIVER CHANNEL PROCESSES WITH BANK EROSION AND DEVELOPMENT OF THEIR NUMERICAL MODELS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 河岸侵食によって生じる2次元的な流路変動を対象としており, 流路平面形状の変化すなわち河岸侵食量の空間的分布とその時間変化特性と, それに影響を与える要因を明らかにすることを目的としている. まず, 実河川の流路変動現象を再現可能なモデルを提示し, バングラデシュ国・メグナ川に適用を行い, 実河川での平面流況と侵食位置との関係について考察を行った. 次に, 侵食性河岸を有する蛇行および直線流路において実験・数値解析を行った. 蛇行流路においては, 初期平面形状を同一とし水理条件を変化させて行った複数ケースの結果より, 水理量分布が流路変動過程に及ぼす影響について検討した. また, 直線流路においては, 交互砂州の発達・移動特性と河岸侵食との関連性こついて考察した.

River channel processes with bank erosion are investigated by numerical models in comparison with field and experimental data. At first, a simplified numerical model is applied to the river morphology of the Meghna River in Bangladesh, and the relation between flow properties and the location of bank erosion is discussed. However, in the case of actual river, it is difficult to clarify main factors of bank erosion because of the complicated channel form and bank materials. Therefore, we conduct the experiments and numerical analyses of channel processes starting from initial meandering and straight plan forms, and the influence of hydraulic parameters and the behavior of sand bars on the rate of bank erosion are elucidated.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 621, 23-39, 1999-05-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  41件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529440
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747896
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ