橋脚への波の打上げと潜堤による軽減効果に関する研究 WAVE RUNUP ON CIRCULAR PIER AND COUNTERMEASURE OF ITS REDUCTION BY SUBMERGED BREAKWATER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

海域をまたぐ中小規模の橋梁では, 橋脚に波が打上がり橋面へ飛沫が降り注ぐという問題が生じることがある. 本研究は, 橋脚への波の打上げ特性を明らかにし, 潜堤による軽減対策を検討したものである. まず, 円柱に対する波の打上げ実験から, 波の打上げが橋脚設置地点の通過波高にほぼ比例して増加することを明らかにした. 次に, 橋脚前方に潜堤を設置して通過波高を減少させることによってある程度打上げ高を低減できることを示した. また, 数値計算によってある特定の現地を対象として, 潜堤設置の効果を検討した.

This paper examines the characteristics of wave runup on a circular pier of a bridge constructed in a shallow sea, and investigates the countermeasure for the reduction of wave runup. The experimental results showed that the wave runup of regular and random waves increase in proportion to the incident wave height at the pier. Therefore, the wave runup height can be reduced by damping incident waves. From this point of view, a submerged breakwater is employed as a countermeasure for the reduction of wave runup and the effect on reduction of wave heights and runups is investigated by hydraulic experiments and numerical simulations.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 621, 129-139, 1999-05-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529604
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4748000
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ