陸棚で発生した津波に関する基礎的研究 FUNDAMENTAL STUDY ON TSUNAMIS GENERATED ON A SHELF

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

線形長波理論に基づき, 一様勾配斜面上に形成された波源からの津波伝播を表す理論解を求めた. 陸棚で発生する津波は, 波源の条件によって伝播形態が大きく異なり, 特に, 波源が汀線付近に存在する場合エッジ波が顕著に現れることを示した. また, 波源の長軸・短軸の長さ, 波源の位置, 方向などのパラメータから, 発生する津波の特性を予測する経験式を導いた. さらに, コリオリカの効果について考察した.

Based on the linear long wave theory, theoretical solution is obtained for the tsunami which propagates from a tsunami source generated on a straight beach with an uniform slope. The solution indicates that the behaviors of tsunami generated on a shelf is governed by the conditions of tsunami source and that edge wave is generated considerably in the case when the tsunami source locates near a coastline. The empirical formulas are derived which evaluate the characteristics of tsunami by those of tsunami source such as the lengths of long-axis and short-axis, the position and direction of tsunami source, and so on. Further, effect of the Colioris force is also discussed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 621, 141-151, 1999-05-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529616
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4748007
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ