ひび割れ発生・進展に支配されたコンクリート構造物の解析モデル ANALYTICAL MODEL FOR CONCRETE STRUCTURES INFLUENCED BY CRACK INITIATION AND PROPAGATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究はひび割れの発生・進展により変形挙動および破壊が支配されるコンクリート構造物の破壊荷重を算定する解析モデルを提案したものである. 提案した解析モデルでは, コンクリート等の脆性材料に発生するひび割れの局所化を考慮することにより, 進展するひび割れを算定している. さらに, ひび割れ面間に伝達している応力とひび割れ開口幅との関係をモデル化することにより, 純引張状態以外で進展するひび割れについても追跡することができる. 提案した解析モデルを用いて既往のRCはり実験を解析した結果, 斜め引張破壊が生じるRCはりのせん断強度を算定することが可能であることを確認した.

This paper proposes an analytical model for determining the fracture load of concrete structures whose deformation and fracture behaviors are governed by occurring and growing cracks. The proposed model computes the evolution of crack, by considering the localization of cracking in brittle materials such as concrete. Furthermore, by modeling the relationship between stress transmitted to cracked surfaces and crack opening width, it is possible to follow up also the crack evolution under composite stresses. Analytical study on the previous reinforced concrete experiments using the proposed model has demonstrated that the model is capable of determining the shear strength of reinforced concrete beams which undergo diagonal tensile fracture.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 620, 1-13, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529662
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747600
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ