修正圧縮場理論による大型RC橋脚のせん断耐力評価 EVALUATION OF SHEAR STRENGTH OF RC BRIDGE PIERS USING MODIFIED COMPRESSION FIELD THEORY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水平載荷試験された実橋RC橋脚, 1/3スケールの大型RC模型実験および被災RC実橋脚を対象に, 修正圧縮場理論によるせん断耐荷力の解析的検討を行い, 実RC橋脚レベルへの適用性を検討した.<br>その結果, いずれの解析結果も実験結果と全般的に比較的よく一致すること, また主鉄筋の降伏以降から最大荷重に至るまで, コンクリートの分担せん断抵抗が減少する傾向が認められた. さらに種々の要因分析の結果, 帯鉄筋比によってひびわれ傾斜角が変化することが認められた.

To evaluate the shear strength of RC bridge piers, comparison of analytical results using modified compression field theory and experimental results which applied the horizontal load to the real RC column and 1/3 scale large specimens, was performed. The analytical results coincides relatively well with the experimental results, and it is also shown that the concrete shear strength reduces after main reinforcing bars reaches the yield strength. The parametric studies show that the increase in hoop ties leads to high crack inclination and then 45° -truss analogy over-estimates the shear resistance carried by hoop ties.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 620, 71-81, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529741
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747636
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ