FFU部材と鉄筋コンクリート部材の接合方法の開発およびその力学的挙動に関する研究 CONNECTING METHOD OF FFU MEMBER TO RC MEMBER AND ITS EFFECTIVENESS IN MECHANICAL BEHAVIOR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, シールドトンネルの掘削発進部の構造性能として要求される, 立坑掘削時には土圧に抵抗し, 十分な安全性を有するとともに, シールド発進時には容易に切断可能な部材を開発することを目的として, 曲げ抵抗は大きいが容易に切断できるFFU (硬質ウレタン樹脂をガラス長繊維で補強した材料) 部材と鉄筋コンクリート部材との接合方法を検討したものである. 接合方法として機械式接合, アンカー式接合, フレア式接合の3方法を取り上げ, 各々について最適な接合方法を検討するとともに, 接合された複合部材について, 曲げ性状, せん断性状を実験的に検討した. その結果に基づき, 構造性能および経済性の観点から最も優れたアンカー式接合について, 実物大モデルでも確認試験を行い, 実用に十分耐えることを確かめた.

A vertical shaft of the shield tunneling method requires a bearing pile-wall to resist earth pressure at excavation. Then, the part of the pile-wall should be cut at proceeding a shield tunnel. Therefore, the most desirable material property of the shaft is a sufficient resistance against bending moment, and is also easiness to be cut by shear force. For this purpose the authors have developed a hybrid member which consists of a fiber reinforced foamed urethane (FFU) member and a reinforced concrete member. The key of the hybrid member lies in the way how to connect both members. The authors initially proposed three connection methods, such as a mechanical connection, an anchor connection and a flare welding connection. The mechanical behaviors of these three connections were examined experimentally and the anchor connection was found out as the most desirable connection. Finally, the full scale model was tested and was proved to be sufficient for actual use.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 620, 95-107, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529765
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747663
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ