構造変数間の相関がRC橋脚の耐震安全性に及ぼす影響 INFLUENCE OF THE CORRELATION BETWEEN STRUCTURAL VARIABLES ON THE SEISMIC SAFETY OF RC BRIDGE PIER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 著者等が先に提案した構造系安全性評価法に基づき, 構造変数間の相関関係を考慮した構造系安全性評価法を構築し, 構造変数間の相関が構造物の安全性に及ぼす影響を検討した. 検討にあたりまず, RC橋脚を対象に, その構造変数間に存在する相関を算定した. そして, この相関の影響を取り入れた場合のRC橋脚の地震時安全性評価を行った. その結果, 構造変数間の相関を考慮することで, 構造物の安全性評価が変化する場合があり, それは, その構造変数間の相関の強さと構造系の安全性を支配している限界状態に左右されることを明らかにした. さらに, 構造変数間の相関を考慮した安全性評価を基に, 耐震設計上考慮すべき点について考察を加えた.

Although the safety of a structure can be quantitatively evaluated based on reliability design, it depends on the evaluation method oneself. So we proposed the evaluation method for a safety of the structural system considering correlation between structural variables and evaluated a safety of RC bridge pier under big earthquakes considering the correlation to clarify its influence. The results showed that when the limit state affected by the correlation is controlling a safety of the structural system, a safety of RC bridge pier is raised by considering correlation in case of low safety. Furthermore, significant considerations about seismic design of RC structures were pointed out on the basis of the proposed new method.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 620, 175-185, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529846
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747712
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ