若材齢コンクリートの引張クリープに関する研究 STUDY ON THE TENSILE CREEP FOR EARLY AGE CONCRETE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 若材齢コンクリートの引張クリープ試験を行なって, 応力強度比・載荷材齢・養生および載荷温度の影響について定式化し, それを温度応力状態のクリープ試験結果と比較することにより, その適用性について検討したものである. 影響要因を分析した結果, 応力強度比の影響は大きく, その関係は指数関数で近似されることがわかった. 載荷材齢の影響は, 材齢1日においては見られるが, それ以降は大きな影響が見られなかった. 温度の影響に関して, 高温状態で載荷した場合, クリープが大きくなることがわかった. ここでは, 活性化エネルギーを83.7kJ/molとしアレニウスの式を用いて材齢と温度の関数として定式化した. 実験結果をまとめてクリープ式を構築し, 温度・応力を変化させた状態での実験値と比較した結果, 重ね合わせ法を用いることで概ね実測値をシミュレートできた.

Effects of the stress-strength ratio, loaded age, and temperature in curing and loading on the tensile creep in early age concrete have been investigated in this study. The effect of the stress strength ratio was significant and its relationship with creep strain could be described by an exponential equation. The loaded age influenced only the results of loading at 1day, but little effect was observed in other loaded ages. Although the effect of curing temperature and loading period could be assessed by equivalent periods of hydration, temperature effect during loading was much significant. Since activation energy was calculated 83.7k/mol, modified equivalent periods of hydration based on the value as demonstrated was compared with experimental results. The creep model with Voigt rehological elements was presented and demonstrated to predict creep strain on varied loading pattern and temperature change.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 620, 201-213, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529879
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747730
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ