持続引張応力下および繰返し引張応力下の新旧コンクリート打継目の透気性状に関する研究 AIR PERMEABILITY OF JOINT BETWEEN EXISTING AND NEWLY PLASED CONCRETE SUBJECTED TO SUSTAINED AND REPEATED TENSILE STRESSES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンクリート構造物の施工時および補修時に生じる打継目は力学的弱点であるとともに, 水・気密性に関しても弱点である. 既往の研究では応力の作用していない状態で打継目の水・気密性が検討されている. 本研究では打継目の処理方法および処理深さを変えて打継目を有するコンクリートを製作し, 持続引張応力および繰返し引張応力が作用した場合の一体型および打継型のコンクリートの透気性状を力学特性とともに調べている. そして, 繰返し引張応力の作用によりコンクリートあるいは打継目に生じるひび割れや剥離を欠陥率で表し, コンクリートの透気係数の増加および弾性係数の低下を欠陥率の観点から検討および評価したものである.

Air permeability of joint between new and old concrete under tensile stress is investigated with mechanical properties of joint experimentally. Treatment roughening the joint surface is made by shot blast method and green cut method. Static, sustained and repeated tensile stresses are applied to specimen, respectively. When viewed in terms of the increasing ratio of air permeability coefficient of specimen in loaded condition to that of specimen in unloaded condition, the increasing ratio for joint is larger compared to that for concrete without joint. Changes in air permeability coefficient and elastic modulus of joint subjected to repeated tensile stress are related to each other by defect rate.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 620, 233-243, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002529931
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747770
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ