貧配合コンクリート路盤を有する空港アスファルト舗装の構造設計 STRUCTURAL DESIGN FOR AIRPORT ASPHALT PAVEMENTS WITH LEAN CONCRETE BASE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 殷 建軍 YIN Jianjun
    • Runways Laboratory, Port and Harbor Research Institute, Ministry of Transport Runways Laboratory, Port and Harbor Research Institute, Ministry of Transport

抄録

本論文では, 貧配合コンクリート路盤を有する空港アスファルト舗装の構造設計法について, 試験舗装を用いた開発過程を論じている. まず, 試験舗装の構造的・機能的特性について検討し, その結果として, 貧配合コンクリート路盤の目地部載荷がクリティカルであること, 路盤上の厚いアスファルトコンクリート層とその下方の粒状下層路盤を用いることが構造上有利であることがわかった. 次に, 構造設計時のパラメータについて試験データを逆解析することにより推定し, 実測値と対比することによって検証した. そして, 多層弾性理論を用いて, 目地部載荷, コンクリートの疲労性状等を考慮した構造設計の方針を明らかにし, 最後にその適用性について検討した.

The process for developing a structural design method for airport asphalt pavements with lean concrete base from experimental tests was described. First, the structural and functional capabilities of the pavement structure were investigated. It was revealed that joint is the critical loading position, and that both a thicker asphalt surface course and a crusher-run subbase are beneficial. Then, the structural parameters were studied through back-calculation and calibration. By using the elastic-layered system theory, the design principle was developed considering the influence of the joint and the fatigue property of the lean concrete base. Finally, applications of the design principle were investigated.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 620, 315-324, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530026
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4747851
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ