AR法による都市雨水の流出解析とAR係数の同定に関する研究 A STUDY ON RUNOFF ANALYSIS FOR URBAN STORM WATER BY THE AR HYDROGRAPH METHOD AND IDENTIFICATION OF THE AR COEFFICIENT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市雨水の流出解析法には, 主として貯留池追跡法と Kinematic-wave 的流れ追跡法があり, 貯留池追跡法である修正RRL法の適用例が多い. これらのモデルは, 排水区や管きょのモデル化が複雑であったり, インプット・データの作成にかなりのロードが要求される. そこで, こうした問題点の少ないAR法を都市雨水の流出解析に適用し良好な結果が得られた. また, AR係数の適正値が比較的広い範囲に分布していることも分かった. AR法の適用上のポイントはAR係数の値を求めることである. モデル化した流出パターンを対象としてAR法による流出解析を行い, 流達時間からAR係数の値が把握できるようになった. 以上の成果から, 流出データの有無に関係なく, 都市雨水の流出解析が容易に行えるようになった.

The runoff analysis for urban storm water can be divided broadly into two categories; the storage analysis and the kinematic-wave analysis. These models however have the following problems; modeling of area and pipes is complex and preparation for input-data requires too much load to perform. Therefore, the AR Hydrograph method is presented. The right value of the AR coefficient had the application of wide range. The key point is to gain the value of AR coefficient. The AR Hydrograph method was applied to the modeled runoff patterns, which resulted in the good expression between the concentration time and the AR coefficient. Then, the runoff analysis can be readily performed whether runoff data is found or not.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 622, 15-22, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530064
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4749568
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ