土壌汚染概況調査の5地点混合方式における試料採取地点最適配置 OPTIMAL ALLOCATION OF SAMPLING POINTS IN THE 5-POINT MIXTURE METHOD FOR A SURVEY OF SOIL CONTAMINATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では土壌汚染の概況調査において, 5地点混合方式で得られる測定値の統計的性質について考察した. 場の統計的性質として弱定常性と等方性を仮定し, 指数型, ガウス型, 球面型の3つの共分散関数について検討した. 約1000m<sup>2</sup>の正方形領域について5地点混合方式で推定した場合の推定分散を理論的に求めるとともに, 遺伝アルゴリズムを用いて, 推定分散を最小にする試料採取地点の配置を求めた. その結果, 推奨されているように中心1地点及び周辺4方位の5mから10mまでの間からそれぞれ1地点ずつとるより, 中心から13m程度離れた地点にとる方が良いという結論を得た.

The 5-point mixture method is used in a survey of the general situation of soil contamination. Its stochastic characteristics were analyzed. Weak stationarity, isotropy, and three types of covariance functions, exponential, Gausian, and spherical type, were assumed for the stochastic characters of a field to be analyzed. The genetic algorithm was used to find the best arrangement of sampling points that minimize the estimation variance in a 1000m<sup>2</sup> square area. The results show that sampling points should be on the center of the area and about 13m apart from it, although it has been recommended for the standard method that they should be on the center and from 5 to 10m apart from it.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 622, 51-58, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530143
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4749578
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ