魚道の設計に資する淡水魚類の耐久遊泳速度 ENDURANCE SWIMMING SPEEDS OF FRESH WATER FISH

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

河川に生息する淡水魚類の耐久遊泳速度を明らかにするために, 大型実験水路を用い1993年春から94年冬にかけて数種魚類の成魚の耐久遊泳実験を行った. この結果, 魚類成魚の水温12~13℃以上における耐久遊泳速度 (60分) は, イワナとウグイ85cm/s, コイ70cm/s, キン・ギンブナとオイカワ65cm/s, カワムツ55cm/s程度であった. これらの耐久遊泳速度は, 魚類の簡易体重係数に対し比例関係にあると共に, 水温8~9℃以下では低下した. この結果は, 魚道の設計や魚の遡りやすい川造りの設計流速の参考資料として利用できるものと考えられる.

In order to make clear endurace swimming speeds of fish, author carried out hydraulic experimental tests using wild fish. Endurance swimming speeds of fish based on the results, during 60 minutes, are as follows: <i>Salvelinus leucomaenis</i> (PALLAS) f. <i>pluvius</i> (HILGENDORF) and <i>Leuciscus</i> (Tribolodon) <i>hakonensis</i> GUNTHER is 85cm/s, <i>Cyprinus carpio</i> Linnaeus is 70cm/s. <i>Carassius carassius buergeri</i> (TEMMINCK et SCHLEGEL), <i>Carassius gibelio langsdorfi</i> (VALENCIENNES) and <i>Zacco platypus</i> (TEMMINCK et SCHLEGEL) are 65cm/s. <i>Zacco temmincki</i> (TEMMINCK et SCHLEGEL) is 55cm/s. Those measurement values are 100% endurance swimming speeds in a scope of activity water temperature of fish upper the 12-13°C. however, those speeds are decreased under the 8-9°C. It is in tendency that endurance swimming speeds are in mainly proportion to fish lengths

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 622, 107-115, 1999-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530278
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4749639
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ