組紐製法による高強度繊維製ケーブルボルトの基本特性について DEVELOPMENT OF THE FIBER REINFORCED CABLE BOLTS AND ITS FUNDAMENTAL PROPERTIES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

交通トンネルやエネルギー施設等に代表される地下空間利用の増大に伴って, 安全で高速なトンネル掘削工法の確立が望まれている. 高強度繊維製ケーブルボルトはこのような用途に適した支保部材と考えられるが, 繊維製品加工の困難さも手伝って, 現在のところ実用的な製品は存在しない. 筆者らは, 日本古来の組紐製法を採用することで, 巻き取りが可能な高強度繊維製ケーブルボルトの開発を試みた. 本論文は, 当該繊維製ケーブルボルトの実用性を検証するために実施した各種室内実験, 及び原位置試験の概要と結果を示し, その妥当性と問題点を論ずることで, 今後の高強度繊維製ケーブルボルトの開発方向を検討したものである. 一連の試験結果から当該の繊維製ケーブルボルトは, 鋼製ケーブルボルトと同等な引張強度, せん断抵抗, 並びに付着耐力を有し, 特に付着特性に関しては組紐製法を採用することで, 非常に良好な特性を実現することができた.

Fiber reinforced cable bolt is one of the capable and powerful supporting measure. However there are many difficulties to product the suitable characteristic fiber cable bolts, because it is hard to form a fiber bundle into the cable shape. Kumihimo Method is old fashioned Japanese fiber twisting method, but it is also suitable in modern days.<br>In this paper we introduced the new branded fiber cable bolts adopting the Kumihimo Method and a lot of experiments has been carried out to reveal a fundamental properties of this fiber cable bolts comparing with the steel one. As a result, it became clear that fiber cable bolts has the reliable strength as tension, shearing and frictional properties. Especially frictional strength is higher than steel one. We suppose it is closely related to the adopting the Kumihimo Method.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 9-22, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530317
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787374
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ