湖成堆積粘性土地盤上の護岸改修工事に伴う変状の機構と対策 CONSIDERATION ON MECHANISM OF DEFORMATION DUE TO SOIL EXCAVATION IN SOFT CLAY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 湖成堆積粘性土地盤上の護岸改修工事に伴い発生した提体が変状を起こした機構の解明と対策工の検討を行ったものである. その結果, 変状発生の主要因は深層混合処理工法による改良体の弾性的曲げ変形と軟弱粘性土地盤の有する卓越したクリープ変形特性にあることがわかった. また, 改良体の構造をブロック状にすることにより変状の発生を抑えることができることも確認された.

The deformations were observed over wide range when the soil excavation works were conducted in the soft clay. To make clear a mechanism of this deformation and to investigate a countermeasure work, the creep tests and deformation analysis by the FEM were carried out. From these tests and analysis following results could be drawn. A creep deformation of the clay takes large part and creep strength is 60 or 70% of the peak strength from the triaxial test. The CCP method was adopted as the countermeasure work. It is clear from the FEM analysis considering the creep characteristics that a bigger rigidity of the CCP is necessary to stop the deformation.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 35-44, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530359
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787388
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ