TBMによる硬岩掘削に伴う振動, 騒音特性について CHARACTERISTICS OF GROUND VIBRATION AND NOISE FROM HARD ROCK TBM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

住宅地直下の硬岩トンネルを直径5m級のTBMにより掘削する工事において, 掘削時に振動・騒音を計測しスペクトル解析を行ってその特性を明らかにした. 掘削時の振動レベルは, 直上の集合住宅 (TBMからの距離が約25m) で60dB前後で, 騒音レベルは50dBであった. 振動速度はTBMから測点までの距離の1.8乗に逆比例する傾向が認められた. 住民からは振動, 騒音に対する不快感や睡眠の妨げなどの苦情があった. 集合住宅 (4階) に伝播した振動は, 水平成分は5Hz, 30~60Hz, 90~100Hz, 鉛直成分は30~60Hz, 80~110Hzの周波数成分が卓越しており, 集合住宅付近の地表での騒音, 低周波音のスペクトルとよく対応していることから, 騒音および低周波音は, 集合住宅の振動により二次的に生じた固体音であると考えられる.

A 5m hard rock TBM was used to bore pilot tunnels for a three lane road tunnel with a shallow overburden (15m) in a residential area. The vibrations and noise from the TBM were measured on the ground surface and apartment building and the spectra analysis were carried out.<br>On the ground surface near an apartment building, the vibration level was about 60dB and the noise level was around 50dB when the resultant distance was 25m between the TBM and measuring unit. A few complaints from the apartment residents against nuisance and disturbance their sleep during TBM construction were registered. The spectra analysis revealed that the predominant frequencies were 5Hz, 30-60Hz and 90-100Hz in the apartment building and 20-60Hz on the ground surface.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 57-67, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530375
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787411
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ