大規模地下空洞掘削への情報化設計施工技術の適用研究 STUDY FOR APPLICATION OF COMPUTERIZED CONSTRUCTION MANAGEMENT SYSTEM TECHNIQUE TO LARGE UNDERGROUND CAVERN EXCAVATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大規模地下空洞の掘削に当たっては, 調査・試験, 解析・設計, 施工・計測の各種要素技術が相互に関連付けられ, 総合技術としての機能を発揮することが不可欠であるが, 従来それぞれの要素技術のアンバランスから実際には必ずしも期待通りの機能を果たさず, 個別の問題に直面する都度, 技術的な解決を図ってきたのが実態である.<br>本論文は過去の地下発電所の掘削経験を基に, 各種要素技術の開発経緯について言及すると伴に, 最近の葛野川地下発電所における調査から掘削完了までを含めた各種要素技術の高度化並びにこれらを総合技術として体系化した「情報化設計施工技術」の適用について報告するものである.

In excavating the large underground cavern, it is necessary that techniques of survey-test, analysis-design and construction-measurement, which are related each other, work as a total technique. But in fact these techniques do not always work as a system because of an unbalance of these techniques so far, so whenever we were faced with some problems, we actually tried to solve the technical problems individually.<br>This report describes the application of "computerized construction management system technique" that was systematized as a total technique using each technique that had been improved during the range from survey to cavern excavation completion of recent underground power plant at Kazunogawa.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 69-83, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530381
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787424
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ