比較的良好な地山での支保工の役割に関する実験的研究 EXPERIMENTAL STUDY ON THE ROLE SUPPORT IN THE MODERATE ROCK MASS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高速道路トンネル建設時にトンネル側壁部の押出し量として計測される最終内空変位量の頻度分布を調べると, ほとんどが20mm以下と小さく, 支保工の変状もほとんどない. これは支保工が変位抑制効果を発揮した結果なのか, 地山の性状に依存した結果であるのかという課題と, 何を基準に支保工を増減するかという課題を提起している. そこで, 一般的な地山の現場を中心として支保工量を積極的に削減し, 変位量や支保工応力の変化を試験施工により検討し, 支保工削減の可能性と支保工の役割を明らかにすることを試みた. その結果, 変位は主に地山条件により決まり, 支保工の役割は変位量を制御することよりもむしろ, 緩みの増大や岩塊の抜け落ちを防ぐことにあると強く推察された.

We studied frequency distributions of horizontal convergences (the variation of length between two points on the sides) measured during construction of expressway tunnels The large part of these are small, less than 20mm and few supports are deformed. These facts suggest issues that vertical and horizontal convergences depend on the support effect or the properties of rock mass, and raise a question about what index we should use for support selection at site. Then we tried to reduce tunnel support in the moderate rock mess at 28 sites. We examined the difference in convergences and support stress in order to study the probability of reducing tunnel. support and the effect of it. Judging from this study, it is observed that convergences depend on the ground conditions and the role of support is not to control these displacements, but to prevent falling of rock blocks and loosening of rock mass.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 85-95, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530391
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787441
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ