膨張性軟岩における二次覆工の設計に関する考察 ROAD ESTIMATION METHOD FOR THE DESIGN OF SECONDARY LINING IN THE SQUEEZING SOFT ROCK

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一般に, NATMの二次覆工は, 化粧巻きとの考え方にたち, 大きな荷重が作用することを想定していないのが現状である. しかし, 膨張性地山などの特殊地山条件でのトンネルにおいては, 一次支保のみで地山の変位を完全に抑止することができずに, 二次覆工に荷重が作用する場合がある. この場合, 永久構造物として二次覆工の所要耐力を決める設計手法が必要となるが, 未だ確立されていないのが現状である. 今回, この膨張性地山トンネルにおける一連の試験・計測の結果から, 地山変位と二次覆工に作用する荷重との関連を解析・検証した結果, 実用の可能性のある推定手法を得た. 地山の物性値の決定等を更に精算することにより, この手法が, 今後の膨張性地山における二次覆工の設計法の一例として有効なものとなり得ると思われるのでここに提案する.

Generally speaking, the secondary lining of NATM has been considered the foundation of the cutting surface. Currently, it is presumed only to operate under low Pressure. However, under special conditions such as a squeezing ground, the primary support cannot control rock deformation. Thus, it becomes necessary to have a method to estimate the durability of the secondary lining as a permanent structure.<br>By measuring the squeezing ground and conducting a series of experiments related to rock deformation, we were able to establish a method to estimate the load for the secondary lining. This effective method will play a vital role in the design of secondary lining in the future.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 109-118, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530437
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787486
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ