エマルジョン爆薬とANFOを用いた平行削孔心抜き発破に関する実験的研究 PARALLEL HOLE CUT BIASTING TESTS WITH ANFO AND EMULSION EXPLOSIVES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

山岳トンネルの発破掘削における長孔削孔心拔き発破について, 従来の高性能爆薬 (本報ではエマルジョン爆薬) によるものと, 最近話題になることの多いANFOを用いた実験を行った. そこでは Langefors らにより提案されている平行抜き発破の実験式を参考に, 高性能爆薬とANFOの装薬集中度, 抵抗線の関係等について実験的に比較ならびに検討を行った.<br>エマルジョン爆薬およびANLFOによる1発破進行4mの長孔削孔ら抜き発破について, 石灰石鉱山のベンチという限定された条件下ではあるが爆薬量, 孔間隔など基本データを得ることができ, これらのデータをもとにそれぞれの爆薬を用いた心抜き発破における Langefors らの装薬量計算式を修正提案した.

Cut blasting tests were performed in an open pit of a limestone mine. The goals were to confirm earlier experience in blasting parallel hole cuts with emulsion explosives, to obtain the relation between charge concentration and burden, and to obtain basic data for ANFO in rounds with 4m advance.<br>The goals of the project have been reached; basic data for ANFO in 4m long rounds have been obtained and a design formula for parallel hole cuts which is useful both for ANFO and decoupled emulsion explosives has been found.<br>Our experience of the requirements for obtaining good breakage in a four-section cut have been listed. In order to obtain a better design basis for parallel hole cuts, the effect of the following factor should be investigated: primarily the corperation of multiple relief holes and decoupling, and to some extent initiation delay and bad drilling.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 119-130, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530444
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787517
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ