観察記録の分析に基づく新しいトンネル切羽評価システムの提案 A NEW PROPOSAL OF EVALUATION SYSTEM FOR TUNNEL FACE BASED ON THE ANALYSIS OF THE OBSERVATION RECORDS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

切羽観察結果から標準支保を客観的に選定するための新しい切羽評価の考え方を提示した. (1) 切羽に現れる地山状況は, 総合的な岩盤強度とその岩盤が置かれている場の状態で評価する. (2) 総合的岩盤強度を評価する項目は「岩石強度」「風化変質」「割れ目頻度」「割れ目状態」の4項目であり, 場の状態を評価する項目は「湧水」「水による劣化」と「地山強度比」の3項目である. (3) 総合的岩盤強度の評価点は岩種と項目にそれぞれ応じた加重平均より算出し, 場の状態の評価点は湧水と劣化の組み合わせ, あるいは地山強度比のランクによって総合的岩盤強度の点数から値を減じる調整点とする. この考え方が有効であるかを確認するため, 旧切羽観察結果から5つ岩種グループを抽出し評価点を計算したところ, 支保パターンの判別にある程度の有効性が推察された.

This paper proposes a new evaluation system for the condition of rock mass at a tunnel face as follows: 1) the condition of rock mass is evaluated from the strength of rock mass and the condition of ground water and stress, 2) the strength of rock mass is scored by a weighted mean of the rank which corresponds to the rock strength, degree of weathering, and frequency and openness of fractures, 3) the score is adjusted by the rank which corresponds to the ground water inflow and that calculated by the ratio of strength and vertical load of the rock mass. This new system is found to be more effective than the current appraising method for the support determinations.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 131-141, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530456
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787527
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ