シールドトンネルセグメント継手部の局部応力性状 LOCAL STRESS AT SEGMENT JOINTS OF SHIELD TUNNEL LINING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シールドトンネルのセグメント形式は多様であるが, その殆どは, セグメント端部を突き合わせボルトあるいはほぞなどで力を伝達する形式となっている. この突き合わせ部で曲げ, 軸力, せん断力の伝達が行われることになるが, これらは接触面を介して行われることになり, 接触問題として局部的に非常に複雑な応力状態になる. 本論文は, 矩形, 台形, 凸型などのコンクリートセグメントで採用される単純突き合わせ, ほぞなどの基本的な継手構造に関し, 軸力, 曲げ, せん断を受けたときの局部応力の状況を光弾性実験により検討を行ったものである. その結果, 応力の伝達が円滑に行われる場合もあるが, 状況により大きな応力集中が生ずることを明らかにした.

Although various types of segments and segment joints are employed, most segment joints are butt type joints with flat face or tongue and groove. Therefore, the forces in the lining are transferred through contact face at the joint. The force transfer at the contacted surface is very complicated phenomenon and may produce local high stress concentration. The local stress at segment joint of basic types segments such as rectangular or trapezoidal shape under various forces is investigated by photo-elastic method. The results show that smooth stress transfer can be obtained but high stress may develop in local area which should be considered in design.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 623, 219-231, 1999-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530545
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787615
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ