土槽実験によるトンネル切羽の挙動及び安定性の評価 A STUDY ON TUNNEL FACE STABILIZATION BY TANK TEST

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

トンネルを合理的に施工する工法として, 先受と加背割りとを併用した新しいトンネル施工法について, トンネル切羽の挙動や安定性への影響の評価を試みた. 本論では, 要素実験や数値解析で得られた結果を検証, 補間するとともに, 実際の地盤中での効果や影響を定量的に評価するため, 大型の土槽を用いて, トンネル切羽近傍地盤の3次元的挙動を把握する実験を実施した. その結果, 切羽応力の解放に伴う地盤の3次元変形特性を把握すると共に, 切羽安定に必要な限界支持力等を推定できること確認した. また, 筆者らが過去に要素実験を実施した切羽形状による切羽安定性の比較を行い, 先受や加背割りが切羽安定に効果的であることを確認した.

We had tried to estimate tunnel face stabilization about a new tunnel construction method using prelining and insert deck system. In this report, we carried out a large scale tank test for the purpose of confirming the phenomenon in the ground. As the result, we understood the three-dimensional ground diformation around the tunnel face, and the critical face supporting pressure for the stabilization. And also we confirmed that this method have an advantage in the face stabilization compared with conventional methods.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 624, 39-49, 1999-06-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002530689
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787744
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ