テールアルメ盛土中における3ヒンジアーチの動的挙動 DYNAMIC BEHAVIOR OF 3-HINGE ARCH IN TERRE ARMEE FOUNDATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 迅速かつ簡単に施工できる3ヒンジアーチとテールアルメ工法を用いた盛土の施工例が増えてきている. この土構造物は柔な構造で, 静的には海外においても多くの検討が重ねられているが, 地震を想定した動的な問題に関しての検討はまだ不十分であり, データの蓄積も乏しいのが現状である. そこで本研究では, 模型振動実験によりこの土構造物の振動特性について調べる. また, 入力加速度とアーチ部材にかかる動的応力, テールアルメ壁の変位との関係についても調べ, この構造物の地震時安定性について評価する. このようにして得られた実験結果をもとに, 2次元地震応答解析法の適用性について検討を行う.

A 3-hinge arch precast structure which consists of an arch element produced in factory was developed as an arch structure instead of short-span bridge or cast-in-place culvert. Recently, this method was adopted in Japan, but in a seismically active area like Japan, it is necessary to study the a seismic characteristics of this structure.<br>In this research, shaking table tests were carried out to examine the effects of the density of foundation and the effects of intensity of shaking on the dynamic stresses induced in the 3-hinge arch and on the displacement of Terre Armee wall. In addition, a comparison between the experimental results and the analytical results obtained using existing two-dimensional seismic response analysis was performed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 624, 255-266, 1999-06-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002531004
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4787805
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ