1923年関東地震の際甲府盆地において生じた被害分布の原因の一解釈 AN INTERPRETATION OF THE DAMAGE DISTRIBUTION IN KOFU BASIN DURING THE 1923 KANTO EARTHQUAKE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1923年関東地震の際, 甲府盆地において生じた地震被害分布の原因を調べるために, 同盆地を対象として地麗観測, 地下構造探査, 数値解析を行った. 地震観測の結果, 盆地中心部及び南部では盆地北部や南部丘陵地上と比較して地震動強さが大きめとなる傾向があることがわかった. 短周期微動の移動観測, 長周期微動のアレイ観測を用いて, 盆地北部から南部までの浅部・深部地盤構造を推定した. 推定した地盤構造を基に盆地を2次元的にモデル化し, 地震応答解析を行った結果, 鉛直入射の解析に対しては地震観測の結果と同様な結果が得られ, 斜め入射の解析に対しては関東地震の際の被害分布に対応している結果が得られた. このことから, 1923年関東地震の際の被害分布は, 地盤構造の他に入射角の影響を受けていたと推察した.

In order to investigate the cause of damage distribution in Kofu basin during the 1923 Kanto earthquake, strong-motion observation, underground-structure prospecting and numerical calculation are carried out. The strong-motion observation shows that ground-motion intensity is larger in the central and southern parts of the basin in comparison to the northern part of the basin and hills. Shallow and deep underground structures are constrained by using spot and array microtremor observations. Numerical calculation shows that amplification factor is consistent with the result of the strong-motion observation and the damage distribution during the 1923 event when shallow and deep underground structures and the angle of incidence to the basin are considered.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 626, 69-78, 1999-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002531156
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4819235
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ