連鎖崩壊モデルに基づく小断層の震源時間関数のモデルと加速度パルスのシミュレーション MODELING OF SOURCE TIME FUNCTION OF SMALL EARTHQUAKE USING CHAIN-REACTION MODEL AND SIMULATION OF ACCELERATION PULSE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

この論文は小地震から発生する加速度パルスに注目し, その震源モデルを考察するものである. まず, パルス波を生成する小地震の震源過程に連鎖則が適用できるという仮説に基づき, 小断層の震源時間関数のモデルを考察する. 次に, この震源時間関数を運動学的震源モデルに適用し, 震源距離によるパルス波形の変化や表層地盤によるパルス波形の乱れを調べる. 得られた知見を参照して硬質地盤のパルス波から小断層の震源時間関数のパラメターを推定する関係式を導く. 最後に, 日本とカリフォルニアで記録された2つの小地震によるパルス波のシミュレーションを行い, 計算手法の適用性を考察する.

This paper deals with a model of a source time function to compute a acceleration pulse from a small earthquake. First, a source time function for kinematic model is proposed from chain-reaction model. Fundamental characteristics of the source time function are examined by parametric analyses. Effects of source distance and surface geology on the synthesized pulses are studied. A simple relation between a source parameter and a surface pulse is proposed through model analyses. Finally, comparisons between recorded acceleration pulses and synthesized ones are presented for two small earthquakes in Japan and in California using proposed model.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 626, 107-119, 1999-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002531290
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4819248
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ