鉄骨鉄筋コンクリート部材のせん断耐力 SHEAR STRENGTH OF CONCRETE ENCASED STEEL MEMBERS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鉄骨鉄筋コンクリート部材のせん断破壊に対する安全性を照査するためには, 部材が保有するせん断耐力を精度よく算定する必要がある. 建築学の分野では, 実構造物を模擬した模型供試体を用いてせん断破壊実験が数多く行われ, これらの実験結果に基づき部材のせん断耐力の評価式が規準化されている. 一方, 土木工学の分野においては, 鉄骨鉄筋コンクリート部材のせん断耐力に関する研究は極めて少ない. 本研究では, 鉄道土木構造物に使用される鉄骨鉄筋コンクリート部材への既往のせん断耐力評価式の適用性を梁の載荷実験により検証した. つぎに, 鉄骨鉄筋コンクリート部材のせん断耐力を特徴づけている鉄骨のせん断耐力に着目し, 鉄骨部分のせん断耐力を再評価した.

The cumulative strength method is generally used to evaluate shear strength of concrete encased steel members. In this method, shear strength of concrete encased steel members is given by adding up the one of reinforced concrete part and steel beam part. However, shear strength of steel beam part which characterizes shear failure of concrete encased steel members is not enough clarified. In this paper, based on a series of experiments with concrete encased steel beam models taking steel beam area etc. into account as experimental parameters, the application of the shear strength evaluation specified in the past design standards to the railway structures was examined. As a result, shear strength calculated by the past methods evaluates much smaller than experimental results. Then shear strength evaluation of steel beam part was revised to compensate the underestimating of calculations.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 626, 207-218, 1999-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002531451
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4819344
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ