Pushover解析と等価1自由度モデルによる鋼製ラーメン橋脚の耐震照査法 A SEISMIC PERFORMANCE EVALUATION PROCEDURE FOR STEEL FRAMED BRIDGE PIERS THROUGH A PUSHOVER ANALYSIS AND AN EQUIVALENT SDOF MODEL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鋼製橋脚に限らず, 鉄筋コンクリート橋脚においても2層以上のラーメン橋脚の地震時保有耐力照査法は未だ確立されていない. 本論文は, 鋼製ラーメン橋脚の耐震照査法に対する1つの提案を行い, 具体例を示したものである. 構造物 (MDOF) を Pushover 解析の結果を利用して等価な1自由度系 (ESDOF) に置き換え, ESDOFの地震応答解析あるいはエネルギー一定則などの経験則を利用して最大応答変位, 残留変位を求め, それらをMDOFの変位量に置換して, 耐震照査を行う方法である. パラメトリック解析から, ESDOFの地震応解析から求められた最大応答変位はMDOFを直接応答解析して求められた量と概略10%以内の誤差で一致することが分かった. ただし, 残留変位については誤差が大きく, さらなる検討が必要である.

This paper aims to propose a seismic performance evaluation procedure for steel framed bridge piers. In this method, the frame is substituted by an equivalent Single-Degree-of-Freedom (ESDOF) system based on the results from pushover analysis. Then the maximum seismic displacement demand and the residual displacement are determined through a time history analysis of the ESDOF or through some empirical ways such as using equal energy criterion. The obtained results are transferred to corresponding demands of the original Multi-Degree-of-Freedom (MDOF) structure. Thus, the safety of the structure can be checked by comparing the transferred demands with the corresponding capacities. Besides, several parametric analyses are carried out and it can be found that the difference in the maximum responses between the prediction from ESDOF system and that directly from the dynamic analysis of MDOF structure is 10% on the average.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 626, 231-240, 1999-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002531496
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4819373
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ