最大変位の距離減衰式に関する坪井式と安中式の整合性について COMPARISON OF TSUBOI'S ATTENUATION EQUATION WITH ANNAKA'S ONE FOR PEAK DISPLACEMENT OF EARTHQUAKE GROUND MOTIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地震動の最大変位に関する2つの距離減衰式を比較した. その1つは浅発地震のマグニチュードの決定に用いる坪井式であり, 他は安中らにより提案された距離減衰式 (以下では安中式と呼ぶ) である. 坪井式の距離項を安中式のそれで置き換えることにより, 両者がほぼ整合することを示した.

We investigate two attenuation equations for predicting the peak displacement of earthquake ground motions, which were presented by Tsuboi and Annaka et al. Tsuboi's formula is used for determining Japanese meteorological magnitude, while Annaka's one was presented for predicting the peak ground motions in wide regions including source area. It has been shown that both formulae are coordinated by using the same distance term in each formula.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 626, 241-244, 1999-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002531514
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4819376
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ