矩形断面鋼製橋脚柱の最大耐力推定法 ULTIMATE STRENGTH OF STEEL BRIDGE PIERS WITH BOX SECTIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鋼製橋脚の耐震性を検討するため, 鋼製橋脚モデルの静的繰返し載荷実験は, 建設省土木研究所において1990年頃より行われていた. 1995年1月に発生した阪神淡路大震災により, 鋼製橋脚に多くの被害が見られたことから, その後, 多くの研究機関において鋼製橋脚の研究が行われている. 最近では, 静的繰返し載荷試験の他に準静的載荷実験も行われており, 今後は, それらの実験結果をどのように設計へ反映するかが重要である. その意味でもコンクリートを充填しない鋼製橋脚の最大耐力や塑性率を推定することは重要であり, これまでもその推定方法は提案されている. ここでは, 既往の矩形断面を有する鋼製橋脚の実験結果を整理し, その最大耐力を推定するパラメータを新たに提案することを目的としている.

Experimental works for steel bridge piers have been conducted in order to investigate their earthquake resistance. After the Hanshin-Awaji earthquake in 1995, not only static but also psudo-dynamic tests have been conducted to study the mechanical behavior of steel bridge piers. Those experimental results may be used to establish the design formulae. In this paper, new parameters are proposed to predict the ultimate strength of steel bridge piers. The validity of the parameters are confirmed by using the existing experimental results.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 626, 251-255, 1999-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002531535
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4819396
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ