開水路乱流予測計算における低レイノルズ数乱流モデルの有用性 EVALUATION OF LOW-REYNOLDS-NUMBER TURBULENCE MODELS AS APPLIED TO THE PREDICTION OF OPEN CHANNEL FLOWS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年提唱・改良されている低レイノルズ数2方程式乱流モデルを2次元開水路乱流に適用したときの予測性能を調べるため, 平坦開水路及び路床が急変する段落ち流れについて計算し, その結果をまとめた. 低レイノルズ数モデルを用いる事により複雑な開水路流を含めた一般的流れにも適用可能になるが, 必ずしも床面近傍低レイノルズ数領域での散逸率の分布を忠実に再現するものが全体の予測精度を良くするとは限らない. 水面近傍での減衰を考慮した低レイノルズ数<i>k</i>-ωモデルが全ての場合を通じて良い結果を示し, 数値計算の安定性からも最も有用性があると判断される. 標準モデルでも壁関数の適用の仕方によりある程度の結果が得られるが, これは偶然と見るべきである. 何れのモデルでも水面近傍の乱れ減衰性は何等かの方法で反映する必要はある.

Two representative Low-Reynolds number models from two most widely used groups of two-equation turbulence models, together with their respective original standard models, have been put to detailed examination based on comparisons with DNS and experimental data on two-dimensional open channel flows. It has been found that recent fine adjustments to reproduce the DNS data in near-wall low-Reynolds number regions do not necessarily improve prediction of general flows with free surface in complex geometry. Appropriate treatment of the free-surface effects is more important. The low-Reynolds number version of the <i>k</i>-ω model showed the best predictive accuracy in the present study.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 628, 131-148, 1999-08-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002532181
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4844182
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ