微粉末材料を活用したアスファルト舗装発生材の再材料化に関する研究 A TECHNIQUE OF REPROCESSING WASTE ASPHALT CONCRETE UTILIZING POWDERED MATERIALS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本報告は, アスファルト舗装発生材および微粉末状のコンクリート材の再材料化について検討したものである. まず最初に, これら両材料の再材料化に関する新しい手法を提案した. また, この手法中の要因である混合温度や適切な材料の添加量などを明らかにした. 次に, 再材料化後の再生新材料によるアスファルト混合物での基礎的な性状について考察した. その結果, 提案の手法を適用した再生新材料は, 容易な取扱いのもとで再利用できる再生粗・細骨材に仕上がることがわかった. さらに, 再生粗骨材は, 骨材表面にアスファルト膜が残留付着していることから, これの除去方法について検討した. これより, 再生粗骨材をアスファルトが付着していない生産当初の骨材表面状態にまで再生 (以下, 甦生化) できることがわかった.

This report discusses the reprocessing of waste asphalt concrete and concrete dust into reusable materials. A new reprocessing technique is proposed first, then important factors of the technique are identified such as the mixing temperature and the appropriate amounts of additives. Next, the fundamental properties of asphalt compounds consisting of the reclaimed materials are examined. Consequently, the proposed technique has been found to be capable of producing reusable recycled fine or coarse aggregate easily from waste asphalt concrete. As films of asphalt remain on the surface of reclaimed coarse aggregate, the development of a method to remove the films was studied. It was found that the proposed technique restores the reclaimed coarse aggregate to its original as-new condition with no asphalt adhering to its surface.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 627, 27-36, 1999-08-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002532328
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4844096
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ