コンクリートの自己充てん性の新しい評価手法に関する研究 STUDY ON A NEW TEST METHOD FOR SELF-CONSOLIDATING PROPERTY OF CONCRETE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本文では, まず, コンクリートの自己充てん性を簡便に試験・評価することを目的として考案した新たな試験装置の諸元と試験方法を紹介し, この試験装置がコンクリートの自己充てん性を評価するための適性を有していることを予備的に検証した結果を示した. 次いで, 配合, 性状などが相違する多数のコンクリートの試験結果を適用しながら, この装置を用いた試験で得られる2つの測定値をコンクリートの間げき通過性と材料分離抵抗性を定量的に評価可能な2つの指標値に変換することを試み, それらの指標値を用いれば, 自己充てん性の良否が判定できることを示した. さらに, 考案した装置の現場試験への適用の便を考え, 試験で得られる測定値を直接使用して, 高流動コンクリートの自己充てん性を管理・検査する方法を示した.

Firstly, a simple apparatus for evaluating the self-consolidating property of concrete was introduced, and the results of tests conducted to confirm the suitability of the apparatus were shown. Then, applying the test results on concrete mixtures of various mix proportions and various properties, an effort was made to convert two measured values using the apparatus into two indices with which both the passing ability through closely spaced obstacles and segregating property of fresh concrete could be quantitatively evaluated, and it was confirmed that the indices were quite adequate for their evaluation. Simple means for judging the self-consolidating property of field concrete using the apparatus were also shown.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 627, 179-192, 1999-08-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002532512
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4844204
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ