軽量コンクリートの凍害劣化機構に関する研究 STUDY ON THE MECHANISM OF FREEZE-THAW DETARIORATION OF LIGHT-WEIGHT CONCRETE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 軽量コンクリートの凍結融解作用の繰返しにともなう劣化の支配要因を明らかにすることを目的にして行ったものである. 実験に用いた軽量コンクリートは, 目標空気量を5%としたAEコンクリートであり, 粗骨材には人工軽量粗骨材および細骨材には普通細骨材を用いたものである. この研究においては, 人工軽量粗骨材の空隙構造, 使用時の粗骨材の含水率, および硬化コンクリート中の軽量粗骨材の含水率と軽量コンクリートの耐凍害性との関係が明らかにされている.

The purpose of this study is to find the governing factor of deterioration of lightweight concrete due to repeated freezing and thawing. The tested lightweight concrete was made with artificial lightweight coarse aggregate and normal sand, and nominal air content was 5.0%. This study is conducted rapid freezing and thawing in water.<br>Void system of artificial lightweight aggregate is determined, and the effects of moisture content on freeze-thaw durability is discussed in this paper. It is resulted that the durability factor depends on the percentage of moisture content in lightweight coarse aggregate at mixing and/or in hardend concrete spesimen at freez-thaw test.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 627, 239-250, 1999-08-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002532572
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4844239
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ