AE法による鉄筋コンクリート床版の疲労損傷評価 EVALUATION OF FATIGUE DAMAGE IN REINFORCED CONCRETE SLAB BY ACOUSTIC EMISSION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

実験室において, モデル試験としてAE法による鉄筋コンクリート床版の疲労損傷評価への適用性を検討し, 続いて現在供用中の実高架橋床版に対して, 通常交通下でAE計測を行った. モデル試験から, 疲労荷重下におけるひび割れ (損傷) 進行過程を, AE信号を計測することで予測・評価できることが示された. また, 荷重位相とAE発生挙動との関係を調べ, 最小荷重値付近のAE信号を検出することにより, 最終破壊の進行をモニターできる可能性のあることが確認された. さらに, 実構造物における計測結果と, モデル試験で得た結果を比較, 対照することにより, 供用中の床版において, 活荷重下で検出されるAEエネルギー値のデータを用いて, 損傷度を評価できる可能性のあることが示された.

Applicability of acoustic emission (AE) technique for evaluation of fatigue damage was examined in reinforced concrete (RC) slabs under cyclic loadings in both laboratory and real structure in service. The fundamental test performed in laboratory showed that cracking process can be practically monitored by the measurement of AE signals. The analysis of the relationship between loading phase and AE activity indicated that the final stages of the fracture process can be evaluated by detecting AE signals generated near the minimum loading phase. The comparison of the result from the real structure and that from the laboratory specimen demonstrated that AE energy can be an effective parameter for evaluation of fatigue damage in RC slabs in service.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 627, 251-259, 1999-08-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002532585
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4844254
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ