鉄筋コンクリートはりの曲げひび割れ幅の算定式に関する一考察 AN EVALUATING STUDY OF EQUATION FOR FLEXURAL CRACK WIDTH OF RC BEAMS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鉄筋コンクリート構造物の性能照査には, 曲げひび割れに関する検討項目がある. 形状寸法やコンクリートの配合等の条件を同一とした鉄筋コンクリートはりを15体, さらに鉄筋比を変えずにはりの幅を大きくした12体の合計27体の試験体に対して曲げ載荷試験を行い, 計測した曲げひび割れ幅と, 土木学会コンクリート標準示方書に規定されている曲げひび割れ幅の算定式により求まる値との比較から, 算定式に関する考察を行った. その結果, 算定式により求まる値は, 試験体の側面の引張鉄筋位置に生じた曲げひび割れ幅の最大値および平均値のいずれよりも大きな値を示した. これに対して, 試験体の下面に生じた曲げひび割れ幅の平均値は, 算定式により求まる値よりも平均で約20%, 最大で約50%大きい値を示した.

It is a part of the performance-based evaluation to examine the flexural crack width of a reinforced concrete structure. For the purpose of comparing the flexural crack width measured for a reinforced concrete beam with that calculated according to the Concrete Standard Specifications (Design Part I) of JSCE, the flexural strength tests were carried out with a number of reinforced concrete beams of the same shape and the same mix proportion. The testing beams were 27 in number.<br>It was shown that the maximum flexural crack width measured at the position of tensile reinforcing bars of side face in the beam was smaller than one calculated by the JSCE specification. However, the mean flexural crack width measured at low face in the beam was longer than the calculated value by about 20% in mean value, by about 50% in widest value.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 627, 273-281, 1999-08-20 

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  3件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002532607
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4844282
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ