耐久設計指針(案)に基づく耐久性評価への遺伝的アルゴリズム(GA)の適用の試みについて APPLICATION OF GA TO THE ESTIMATION OF DURABILITY BASED ON THE PROPOSED SPECIFICATION BY JSCE CONCRETE DURABILITY DESIGN RESEARCH WG

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今回土木学会コンクリート委員会コンクリート標示方書改訂委員会耐久性・耐久設計部会により改訂された「コンクリート構造物の耐久設計指針 (案) 1995」に基づいた耐久設計を実行するに際して, 耐久指数が環境指数を下回る場合には, 何らかの耐久性向上対策が必要となる. その場合,どの耐久性小項目に関するポイントを獲得するかは, 施工性あるいは経済性等の制約の中で適切に選択して行く必要が生じる. ここでは, 耐久性向上対策によって耐久性ポイントを獲得する場合に必要となる費用を設定し, 費用が最小になりかつ必要となるポイントの確保をするためにはどの小項目に対してその向上対策を行うべきかを, 離散的組合わせ最適化問題として定式化し遺伝的アルゴリズムを適用し解を求めたものである.

Economic design scheme of durable concrete structures is proposed in this paper based on the publication in 1995 by JSCE research working group on durability design for concrete structures. According to the publication, the durability format is given that the durability index should be greater than the environmental index. The durability index is taken to be 100 in normal design condition. If the index is less than 100, some technology points are improved to ensure the index greater than or equal to 100. In order to improve that, the value evaluation is developed here. The scheme proposed here is modeled and solved as the combinatorial optimum design problem.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 627, 283-288, 1999-08-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002532611
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4844295
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ