都市ヒートアイランド現象の空調・給湯用エネルギー消費への影響評価 IMPACT ASSESSMENT OF HEAT ISLAND PHENOMENON ON ENERGY CONSUMPTION FOR AIR CONDITIONING, HEATING AND HOT WATER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 東京大都市圏を対象とし, ヒートアイランド現象により生じている冷房用エネルギー消費の増大と暖房・給湯用エネルギー消費の減少をそれぞれ定量化し, ヒートアイランド現象のエネルギー消費への影響を明らかにすることである. そこでまず, 気温を考慮したエネルギー消費原単位の推定式を作成した. また, 現状の気温分布と, ヒートアイランドが生じないと想定した場合の気温分布を推定した. その上で, それぞれの気温分布について, エネルギー消費の空間分布をメッシュ単位で推定し, 結果を比較した. この結果, 東京においてはヒートアイランド現象により, 空調・給湯用エネルギーの年間総消費量は家庭部門では減少, 業務部門では増大しており, 全体では減少していることが明らかになった.

The purpose of this research is to quantify the impacts of the heat island phenomenon on energy consumption for air conditioning, heating and hot water supply in the Tokyo metropolitan area. There are many indications showing that energy consumption for air conditioners may increase because of the heat island phenomenon. However, they ignore that energy consumption for heating and hot water supplies may decrease in winter. It is crucially important to take both aspects into account in order to quantify impacts. The results reveal that residential energy consumption decreases, while the commercial energy consumption increases. In addition, the total energy consumption decreases in the Tokyo metropolitan area under present air temperature rise due to the heat island phenomenon.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 629, 83-96, 1999-08-22 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  9件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002532787
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4844430
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ