地盤に入力された累積損失エネルギーの評価法と液状化予測への適用 EVALUATION OF DISSIPATION ENERGY ACCUMULATED IN SURFACE GROUND AND ITS APPLICATION TO LIQUEFACTION PREDICTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは, 水平成層地盤の液状化を判定する手法として, 地震時に地盤中で費やされた累積損失エネルギーと地盤材料が液状化時に蓄えうる累積損失エネルギーを対比する方法を提案している. 本研究は, その方法の適用の際に必要となる強震時に表層地盤で費やされる累積損失エネルギーを等価線形地震応答解析から簡易に推定する方法について論じたものである. 提案手法の妥当性を検討するため, 神戸ポートアイランドの-28m以浅の地盤を対象として, 近年の大地震において観測された強震記録に対する地震応答解析を行い, 地盤各層に蓄積された累積損失エネルギーを評価した. また, 新たな液状化判定法の枠組みを示し, 累積損失エネルギーを外力の指標とすることの有用性を示した.

Recently the authors proposed a new scheme to evaluate liquefaction potential based on an energy dissipation capacity of ground material. In this study how to evaluate the dissipation energy accumulated in the surface ground during strong earthquake was discussed. The dissipation energy was calculated from the elastic energy and damping ratio evaluated in an equivalent linear analysis. To confirm the validity of the method, we conducted case study of Kobe Port Island array observation site using various strong earthquake motions. It was explained theoretically that the dissipation energy should be used as an index to represent the external force instead of the stress.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 631, 161-177, 1999-09-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  11件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533191
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866292
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ