岩石材料の異方性降伏関数と材料パラメータの評価 ANISOTROPIC YIELD FUNCTION FOR ROCKS AND EVALUATION OF MATERIAL PARAMETERS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本文は異方性を示す岩石材料の降伏関数について考察したもので, まずはじめに, 等方性および異方性材料に対する既存の代表的な降伏関数の相互関係を整理し, 岩石材料に適用する上での問題点を指摘した. さらに, 複雑な異方性を示す岩石材料に対して, 従来の基本的な降伏関数の自然な拡張として与えられる新たな静水圧依存型の異方性降伏関数を提案した. この降伏関数は, 形式的には独立な応力成分に, 異方性に応じた係数を乗じることによって異方性を表現したものであり, 降伏曲面の大きさと偏差平面上の形状は共に静水圧応力に依存する. また, ごく一般的な一軸・三軸圧縮試験を用いて異方性降伏関数に含まれる材料パラメータを決定する方法が示された. 最後に, 異方性材料に対する試験結果と計算値の比較から, 提案する降伏関数が従来の降伏関数に比較して, 異方性の表現性に優れていることを示した.

An anisotropic yield function for rock materials, which is embedded in the stress space with scaled base frames, is proposed for a hydrostatic stress dependent yield criterion. It is shown that a number of classical yield functions are derived from the proposed yield function as special cases.<br>An evaluation method for the material parameters included in the proposed yield function is shown by using a nonlinear optimization programming method. Their material parameters can be evaluated only by uniaxial compression tests and conventional triaxial compression tests, and do not require any difficult tests as simple shear tests or uniaxial tention tests for their evaluation.<br>And then, by the comparisons between the theoretical and experimental results on a number of rock materials, the proposed yield function is proved its effectiveness and good expression on various anisotropic characteristics of rocks.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 631, 205-220, 1999-09-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533273
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866305
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ